肌育洗顔

肌育とは
《 肌育 》とは・・・

肌が持っている本来の力を引き出すお肌のケアのことです。

肌の免疫力を高め、トラブルの起き難い肌へと導きます。

肌育を行う過程で「好転反応」と呼ばれるような副作用はありません。

適切な製品を使用して正しい肌育を行えば、トラブルが悪化することなくお肌を良い状態へ導くことができます。

PIPPIシリーズは、トラブル肌を「トラブル知らず肌」へと変化するお手伝いをします。
title_hadaiku_001

手順1:泡をたてる

肌育 洗顔 泡立て方
1:付属の泡立てネットと石鹸をぬるま湯で濡らし、

ネットの上に石鹸をおき、空気を混ぜながら泡を立てます。
肌育 洗顔 泡立て方
2:途中でお湯を10滴程度加え、さらに泡を立てます。

肌育 洗顔 泡立て方
3:泡が十分に作れたら、泡立てネットを絞って集めます。

肌育 洗顔 泡立て方
4:泡が片手からはみ出るくらいが1回洗顔の泡の量の目安となります。

手順2:洗顔

肌育 洗顔 方法
1:額→鼻→顎→頬の順に中心から外側へくるくると円を描くように、
指が肌に触れないように丁寧に洗います。
皮脂の多い部分から泡をのせるようにしてください。
肌育 洗顔 方法
2:毛穴の汚れが気になる部分は、重点的に丁寧に洗ます。

肌育 洗顔 すすぎ方
3:ぬるま湯でよくすすぎます。
肌育 洗顔 すすぎ方
4:洗顔料が残りやすい髪の生え際や
小鼻、顎の周りなどは念入りにすすいでください
朝や、メイクをしていない場合:洗顔の工程1〜4を1回

夜メイク落としを行う場合:洗顔の工程1〜4の工程を2回

※落ちにくいアイメイクをしている場合は、洗顔前にポイントメイク落としを行ってください

ポイント:泡を顔にのせ始めてから洗い流すまでの時間は10秒を目安にしてください
肌育 洗顔方法
5:柔らかいタオルで軽く押さえるようにして水気を吸い取ります
肌を傷付けてしまうので強くこすらないようにしてください。
title_hadaiku_003

・美容保湿液 使用方法

【 PIPPI 使用法 ① 】

化粧水 肌育 洗顔
左頬→右頬→顎→鼻→額の順に、1プッシュずつ 合計5プッシュ吹きかけます

【 PIPPI 使用法 ② 】

化粧水 肌育 洗顔
 化粧水を浸透させるため、両頬→両目→顎→鼻→額を手のひら全体で約3秒ずつ押さえます
乾燥が気になる方【 PIPPI 使用法 1 】【 PIPPI 使用法 2 】の工程を2回行ってください

部分的に乾燥が気になる場合は、その部分に2プッシュしてから手で押さえます。

・美容液 使用方法

美容液 肌育
1:1.5プッシュを手に取る
美容液 肌育
2:『 両頬 』『 顎 』『 鼻 』『 額 』の5カ所にのせる
美容液 肌育
美容液 肌育
3:残ったPIPPI美容液UVカットは両手に馴染ませて、首や手に塗ります。
美容液 肌育
4:顔の中心から外側に向かって馴染ませる
朝は日焼け止めや、化粧下地として 
夜は保湿美容液として、使用をオススメいたします。